横田プロが13年ぶりの復活優勝

10月10日キヤノンオープン最終日で横田真一プロが1イーグル、4バーディー、1ボギーの67をマークし、通算14アンダーで97年の「全日空オープン」以来、13年19日ぶりの優勝を遂げた。
 
2006年には選手会長の激務からシード権を失う苦労を乗り越え、13年前にはいなかった家族に2勝目をプレゼント!
 
2位は通算12アンダーの石川遼(19)。後半の上がり6ホールで5バーディ、1ボギーと猛追したが逆転は叶わなかった。
  
 
横田 真一プロ
1972年2月6日、東京都出身。38歳。小学3年からゴルフを始め、茨城・水城高〜専大でゴルフ部所属。1994年にプロテスト合格。1995年には賞金ランク37位でシード権を獲得。ツアーデビュー3年目の1997年「全日空オープン」で初優勝。2000年6月にタレント・穴井夕子と結婚。2005年から2年間選手会長を務める。2009年は1175万7208円を獲得し賞金ランキング73位と最下位でシード権を得た。家族は妻と1男1女。168センチ、75キロ。


えっ!ゴルファーなのにまだ見てないんですか?
》 》 7日間シングルプログラム

ゴルフ タグ :

ゴルフ関連記事

  1. 横田真一プロの使用ゴルフクラブ
  2. 横田真一ゴルフの理の内容2
  3. 横田真一ゴルフの理の内容
  4. 横田真一プロのプロフィール
  5. 横田真一ゴルフの理の感想