横田真一ゴルフの理の内容

横田真一ゴルフの理の内容の一部を紹介します。
 
 

強烈なアゲンストのティーショットでも風に負けない
超低弾道のボールを打つ秘訣とは!?


 
完璧な当たりだったのに風に負けて200ヤードも飛ばなかった・・・
なんてことがありますよね。
そんなときに、地面を這うような超低弾道のボールを打つことが
できれば、強風の影響でスコアがガタガタになるなんてことも
なくなります。
横田真一プロが、簡単に打てる超低弾道ボールの打ち方の秘密を初公開します!
 

非常識なほど止まるアプローチのスピンのかけ方とは?


 
スピン量をコントロールなんて言うけど、そんな簡単には・・・。
こんな声をよく聞きます。
まして、低くて止まるアプローチなんて難しすぎて出来ないという
アマチュアゴルファーは多いです。
しかし、この技術を持っているかいないかで、グリーン周りでの
攻め方に大きな差が出てきます。
二段グリーンの上段の奥のカラーからでもベタピンにピタっと付ける
横田流アプローチをマスターして頂きます!
 
 

スライスとフックは紙一重!?


自由自在に球筋を打ち分ける方法をお伝えします!
 
スライスもフックも両方出てしまうという人が多いですが、
実はスライスとフックは仲が良い兄弟なのです。
この仕組みを知ることと、横田真一プロが伝える「ある方法」を実践することで、
ドローやフェードを打ち分けることが可能になります。
 
 

ボールが浮いて最高のライなのにシャンクが出てしまう・・・
意外な原因と、シャンクを一発で解決する秘密とは?


 
シャンク・・・ゴルファーにとってスライスと並ぶほどの大敵ですね。
横田プロだってシャンクをしますが、意外と多いのがボールが浮いている
状態で、ライとしては悪くないのにシャンクが出てしまうという状況
です。
この原因は、実はシンプルなことなんです。
これさえ分かれば、次のラウンドでのシャンクが極端に減るはずです。
  

ミスしやすいディボットからの打ち方とは!?


 
せっかくナイスショットしたのにディボットにハマッてしまい、
次のショットで大きくスライスしてしまった・・。
そんなときのために、この打ち方を覚えておけばディボットからでも
グリーンにナイスオンすることが可能です。
ピンチをチャンスに変える方法を横田真一プロがお伝えします。
 

難しいことをしなくても簡単に打てるロブショットとは!?


 
ロブショットというと「難しい」というイメージがありますよね?
でも、バンカー越えのグリーンエッジからピンまでの距離が短いとき
などは、どうしても高く上げてボールを止めなければいけません。
そんなときに簡単にロブショットを打つことが出来れば、あなたの
スコアも格段に縮めることが出来ると思いませんか?
ロブショットを打つことは「簡単」です!
 

これさえ知っていればもうバンカーなんて怖くない!!


 
バンカーショットが苦手・・・というゴルファーが多いですよね。
横田真一プロはバンカーショットが非常に得意です。
なぜバンカーショットが得意なのかというと・・・
「バンカーショットは単純で簡単だから」だそうですよ。
 
50ヤード、60ヤードの花道からのショットを打つなら、バンカーに
入れたほうがよっぽどラクなくらいと。
 
横田真一プロがバンカーショットが驚くほど簡単になり、得意になる秘密を徹底的に
解説します。
 


えっ!ゴルファーなのにまだ見てないんですか?
》 》 7日間シングルプログラム

ゴルフ タグ :

ゴルフ関連記事

  1. 横田真一プロの使用ゴルフクラブ
  2. 横田プロが13年ぶりの復活優勝
  3. 横田真一ゴルフの理の内容2
  4. 横田真一プロのプロフィール
  5. 横田真一ゴルフの理の感想