ヘタクソでもトッププロのようなショットを打てるようになる

可能性はあります。
でもわずかな可能性。


たくさんの壁があります。
まずそこそこの腕を身につけたアマチュアゴルファーの多くは
練習では華麗なショットを打てても、コースではミスショットを連発します。

大事なシーンになればなるほどミスが出ます。

タイトルのような道筋を実現するためには、師が必要です。
我流では99%道を外れます・・・


どんな師がよいかというと天才ではない人。
無意識にプレイできる人はなぜうまく行くかすらわからないでできてしまうから、
他人に教えることができません。

英語のネイティブスピーカーが日本人に英語を教えるのと同じです。
(うまくいかない例が非常に多いです)

どんな師がよいかというと、
自身がいったんうまく行かなくなって、地獄を見て、研究に研究をつくして自分のゴルフのすべてを見直して這い上がってきた人。

たとえば、この人。

プロゴルファー横田真一

彼のストーリーを読んでみてください。


えっ!ゴルファーなのにまだ見てないんですか?
》 》 7日間シングルプログラム